野口よしひろ公式ホームページ

12月議会で提案した「母子健康手帳アプリ」がいよいよ運用開始!

12月議会で提案した「母子健康手帳アプリ」がいよいよ運用開始となりました。

本日、母子健康手帳アプリサービスの開始に伴い、記者発表もされたそうです…。

どのように記者発表されたのか、そして報道されるかは、正直、解りませんが、提案議員として導入理由等々、まとめたいと思います。

東日本大震災・岩手県陸前高田市で被災された親子が保育所で母子手帳を探す1枚の写真がきっかけでした。
もし、羽島市でも災害で母子健康手帳を紛失してしまい、子どもの成長記録を確認することができない親子がいたら…。
そして核家族化が増加する中、保護者と離れて暮らす祖父母、単身赴任中のご家庭でも子の、孫の成長記録が共有をされるということは、育児の大切さ、素晴らしさを家族で、分かち合うことができます。
羽島市に電子母子手帳が導入され、本市で誕生した子ども達の成長記録は、将来、必ず家族に、後生に受け継がれることと思います。
そのために、全国的に運用が進んでいる、「電子母子手帳」の導入を議員提案いたしました。

これが、本心です…。
これで情報発信の環境整備が整いました。今後も子育て世代の皆様に、ご意見を賜りながら、子育て支援策の充実を図りたいと思います!

今回、サービスが開始された「母子健康手帳アプリ」の機能を紹介します!

  • 成長の記録 健診(妊婦健診、出産経過、乳幼児健診、予防接種)

  • 管理栄養士の考える「妊娠期に必要な栄養素を含んだレシピ」を配信

  • 子育て情報の発信
    ・定期配信(コラムの配信、妊娠期・育児期のお役立ち情報の配信)
    ・羽島市のタイムリーな情報を配信(イベント情報、子育て支援事業の紹介)
  • 出産後のママさんへ「育児・美容・食」の情報配信           などなど…。

詳細は、羽島市ホームページでご確認ください↓

羽島市ホームページ:「母子健康手帳アプリ」サービスについて 

IMG_0514

Please follow and like us:

お問い合わせフォーム