野口よしひろ公式ホームページ

千代菊蔵開「市内の産業と連携した酒造り」(業種の垣根を越えた「乾杯条例制定」への挑戦!)

本日は、千代菊蔵開きに参加!
「待ってました」と大声を出したくなる。
それは、「苺のお酒」初売りだからです!
このお酒は、千代菊・奥田農園・Team ARIGATOの企画・発案で誕生しました!

千代菊のお酒は美味しい!新作もおいしいですよ!
今回は、業種を超えて新しい商品が生まれました。
市内の産業が連携して誕生した新たなブランドだと感じました。

この環境が整った状態で、羽島市の酒蔵、農業生産者、サービス業等々が手を取り合って「乾杯条例」が制定できれば…と思います。

さて、今回の商品ですが、少しアレンジを加えて頂きたいと思います!

〈炭酸水割り〉
写真の通り、ウィルキンソンを使いました。
苺のお酒は名前のごとく、苺が使われていますので、甘さを抑えたい方には、炭酸水で十分でしょう!

〈サイダー割り〉
甘さが物足りない!もっと甘さを!という方は、サイダー割りをオススメします!

〈そのまま〉
千代菊さんの日本酒の香り、奥田農園さんの苺の甘さを楽しみたい方は、ハッキリ言ってそのまま頂くのがベスト!

皆様も是非、「苺のお酒」をお楽しみください!

IMG_0711

色んな飲み方があります!

IMG_0704

Team ARIGATOの皆さんも「苺のお酒」をPR!

Please follow and like us:

お問い合わせフォーム