野口よしひろ公式ホームページ

八甲田山のように

2019.3.4 17:10に父は亡くなりました。

3/5通夜式、翌日葬儀を執り行いました。
大変お忙しい中、ご来賓の皆様をはじめ、地域の皆様にもご参列いただきました。
ご丁重なお心遣いを賜り、深く御礼申し上げます。

父は、今年の1月中旬に体調を崩しました。
当初、肺に水が溜まっているとのことでしたが、肺に癌が見つかり、詳しい検査を行った結果、ステージ4。

手術をしても今年の夏までの命であることを知らされました。

「これが現実」と受けとめることは難しいけれど、この余命宣告を聞き、私は「父の死」に対して覚悟を決めました。

でも、自分の気をごまかすために仕事をしたのも事実…

最後に話をしたのは、亡くなる前日。

「選挙は大丈夫か?」

父の最後の言葉でした。

最後まで心配をかけていたことを痛感しました。

父は、昭和24年4月30日、青森県青森市で生を受けました。

中学校卒業後、名古屋・東京で働く日々を過ごし、岐阜に住まいを移し母と結婚します。

「男なら、泣くな」が口癖でした。

私が決めた就職先は、すべて賛成してくれました。

私に一番最初に政治を教えてくれたのは、父でした。

最初に大野伴睦を教えてくれたのも、田中角栄を教えてくれたのも…。

中学生の時、父とテレビタックルを見るのが楽しみでした。

 

父は優しかった。

夏の八甲田山のように。

厳しくもあった。

冬の八甲田山のように。

偉大な父…

お父さん、ありがとう。

Please follow and like us:

お問い合わせフォーム