野口よしひろ公式ホームページ

羽島市議会9月定例会    一般質問要旨⑤

岐阜県立羽島特別支援学校について
①支援体制に関連する協議を行う「自立支援協議会」の設置について
本支援学校は岐阜県による事業であることを承知しておりますが、羽島市の協力が必要であると考え質問させていただきます。
まず、支援体制に関連する協議を行う「自立支援協議会」の設置についてであります。今後、特別支援学校卒業生の雇用、生徒の皆様に対する障害福祉サービス等に関連する協議を行う必要があると考えますが、協議会設置の意向は。

答弁
本市では障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)に基づき、地域において障害者を支援するに際し、関係団体・関係機関が課題の認識を共有し、相互の連携を強化することを目的として「羽島市障害者総合支援協議会」を設置いたしており、現在、相談支援事業者、障害福祉サービス事業者、保険・医療関係者、障害者福祉団体関係の16名で構成されております。
今年度は、本協議会の構成団体でもある「羽島市手をつなぐ親の会」が平成28年4月に市内正木町大浦地区内に開校予定の「羽島特別支援学校」に関する情報を含んだリーフレットの作成を計画していることから、市民の方々にできるだけわかりやすく伝わるよう、その記載内容等について協議をいたしました。
「羽島特別支援学校」の開校に際し、支援学校関係者からも本協議会に委員としてご参加いただき、より地域の実情に応じた支援を行うことができるよう、支援体制を強化していきたいと考えております。

Please follow and like us:

お問い合わせフォーム