野口よしひろ公式ホームページ

暮らしに役立つ情報メール配信サービスについて

先日「すぐメール」の利用拡大について記載させて頂きましたが、今回は緊急災害情報・気象情報と併せて、防犯・生活安全・子育て情報など、暮らしに役立つ情報配信を行う羽島市独自のメール配信サービスの提供について、9月定例会で提案いたしました。

現在、羽島市ではSNSによる情報発信も行っておりますが、SNSが浸透していない世代の方には、携帯端末へのメール配信による情報提供して、情報発信の多様化を図る必要があると考え、提案しました。この自治体独自の「登録制メール」は岐阜県下21の市中、13の市で導入されており、今後も導入が増加する見込みです。

ご答弁は、「高齢者層などの意向、ニーズを事前にお聞きしながら、今後、前向きに検討をして参りたい」とのことでした。

この提案については今後も行政に働きかけを行い、皆様にご報告申し上げます。

Please follow and like us:

お問い合わせフォーム