野口よしひろ公式ホームページ

2期目の松井市政・初めてとなる新年度予算(案)~注目事業を読み解く③~

シリーズ新年度予算(案)注目事業。さて、今回は…。

~未来を担う子どもの健全な育成~学習支援ボランティア事業の充実ついて。

予算額(拡充:592万2000円➚:前年度390万円)

<事業概要>
ひとり親家庭の児童を対象として、大学生等のボランティア による学習支援や学習相談を実施することで児童の学習習 慣の獲得と大学生等との交流を通じた健全な育成を図る。

 

学習形式は2つ

(学習塾形式)
ボランティア1名が児童3~4名を指導 ・大日堂(羽島市竹鼻町)、竹鼻八幡自治会公民館の2教室 で毎週土曜日14時~16時に実施

(家庭派遣形式)
主に希望する中学3年生にボランティアを派遣 ・原則週1回派遣(月4~5回)

平成29年度からは、受験対策を希望する中学3年生に対し て、家庭派遣回数を増やすことでさらなる学習意欲の醸成に つなげる。

 

ひとり親家庭での学習支援。
特に、経済的に塾に通うことができないひとり親家庭でも、将来を担う子ども達の可能性を広げることができると思います。
受験対策も拡充事項として挙げられています。今後も手厚い支援が継続されることを望みます。

※羽島市ホームページ:平成29年度 羽島市当初予算(案)

FullSizeRender 14

Please follow and like us:

お問い合わせフォーム