野口よしひろ公式ホームページ

河川舟運→観光舟運 (新たな観光政策・防災政策)

羽島市の新たな観光政策として観光舟運を考えていきたいと思い、先日、桑原町桜堤サブセンター、背割堤、南濃大橋を渡り長島町まで車を走らせました。
国土交通省中部整備局木曽川下流事務所による「木曽三川下流部の防災船着場による観光・防災利活用方策検討調査」が始まっていますが、より具体的な提案を今後、進めるべきです。

観光における政策は、各イベントとの連携(背割堤で開催されるさくらまつり等)、観光施設との連携(なばなの里・長島スパーランドなど)、舟運ネットワークの構築等々を模索しつつ、水上バスや水陸両用バスの運用を考え、交流人口の増加を図れる政策を展開します。

防災では、重機、物資等の輸送やユニバーサルデザインに配慮した船着場など災害時に活用できる防災船着場の整備も考えていかなければなりません。

木曽三川下流部は、いまひとつ盛り上がりに欠ける…。そんな気持ちを河川舟運という形で観光政策を訴えていきたいと思います。

長良川河口堰

長良川河口堰

長良川

背割堤から望む長良川

伊勢大橋

昭和9年に供用が開始された伊勢大橋

Please follow and like us:

お問い合わせフォーム