野口よしひろ公式ホームページ

3月定例会・一般質問について①【ふるさと納税 自治体連携】

質問する日時は、3/12(Thu.)14:00頃スタート!

1問目は…

2019 年 1 月末のふるさと納税返礼品数と参加型・体験型の返礼品数、寄附金件数、寄附金総額、 をお示しいただき、「ふるさと納税制度」を活用した自治体連携について、また 「広域連携ガバメント・クラウド・ファンディング」についての考えと「ふるさと納税制度」をい かに推進していくのか、今後の方針も併せてお伺いすることにしました。

総務省の通達以降、全国、自治体の寄附金が減少傾向。
羽島市は、寄附金額が2億円を超えた年もありましたが、全国自治体同様、寄附金額は減少中。
そこで、羽島市単独の返礼品だけではなく、自治体間で返礼品を出し合う取り組みの提案をさせていただこうと思います。

すでに、ふるさと納税返礼品の自治体連携は始まっており、多くの寄附金をいただいているとか。
自治体間での調整等々が難しいかもしれませんが、なんとか実現したい施策です。

また、「広域連携ガバメント・クラウド・ファンディング」についても併せて提案します。
このクラウドファンディングは、自治体間における共通課題の解決のために寄附金を募る取り組みです。

2つの提案になりますが、一般質問の事務調整を進めていきたいと思います。

 

また、予算説明にて12月定例会で提案しました「羽島市公式LINE」が新年度予算(案)に盛り込まれ、今年7月に運用が開始される予定です。

【公式LINEの詳細】

情報発信の拡充 (ユーティリティに配慮したSNS(LINE)利活用型広報)

今後の実施スケジュール(予定)
○ R2.4月 システム構築契約 ⇒市公式アカウント開設準備
○ 7月 運用開始予定
※HP新着情報(3~4件/平日)を即日利用者へ セグメント配信
※ 7月以降に本格化する台風到来に合わせ、運用を開始する ことで、災害時緊急情報を全利用者に即時発信が可能。

運用開始が楽しみです!

令和2年度当初予算案のあらまし

令和2年度 主な新規・拡充事業

 

Please follow and like us:

お問い合わせフォーム