野口よしひろ公式ホームページ

【羽島市】「ワクチンキャンセルバンク」設置!

岐阜県内、羽島市において新型コロナウイルス感染者が増加傾向となっております。
本日(8/12)、愛知県・三重県は過去最多となる感染状況。

今回は、羽島市が設置した「ワクチンキャンセルバンク」ご紹介させていただきます。

羽島市ホームページより↓

新型コロナウイルスワクチンの接種が進んでいますが、全国の自治体では接種者の体調不良や予定変更によりキャンセルが発生し、ワクチンを廃棄せざるを得ない状況になるケースがあります。
羽島市では、医療機関従事者等でまだ接種が済んでいない人をリスト化し、これまで急なキャンセルの発生に対応していました。しかし、8月からは59歳以下の接種が本格的に始まるため、これまで以上にキャンセルが発生する可能性があります。

 そこで、羽島市ではワクチンの廃棄を防ぐとともに、少しでも早くワクチンを接種したい人の希望に応えるため、「羽島市ワクチンキャンセルバンク」を設立します。

次の1から6までの条件を全て満たす人が、キャンセルバンクに登録をすることができます。

①羽島市に住民票がある人または羽島市に住民票がない人で住所地外接種の手続きをした人
②接種券がある人
③12歳以上59歳以下の人(注意事項)12歳以上15歳以下の人は、必ず保護者が必要事項に回答し、登録してください。④一度も新型コロナワクチン接種を受けていない人
⑤新型コロナワクチン接種の予約の確定がされていない人
⑥急なキャンセルがあった場合、1時間以内に接種会場に来られる人

※なお、12歳以上15歳以下の人の接種券は郵送済みです。
※注意事項:12歳以上15歳以下の人は、必ず保護者の方がご回答ください。

詳細は下記より、ご確認ください。

羽島市ホームページ:【新型コロナ】ワクチンキャンセルバンクを設置


お問い合わせフォーム