野口よしひろ公式ホームページ

私の原点 千葉8区(柏市・我孫子市)は「桜田よしたか」

私は、2010年9月に桜田義孝の秘書として働き始めました。
自衛隊を退官し政治の世界に。
何もわからない私を育てていただいた「桜田義孝」先生。
今回の衆議院議員選挙「千葉8区」は、まさに激戦。

この記事は、衆議院議員選挙最後のネット投稿となります。
桜田義孝の秘書として思いを述べたいと思います。

10/25から10/28まで限られた時間ではありましたが、選挙応援に駆けつけました。
10年経っても後援会の皆さんは、私を快く迎えてくださいました。
また、後援会の大切さを身にしみて感じたところです。

秘書時代、桜田は浪人中で政権も民主党が握っていました。
あの東日本大震災も民主党政権下で発災した大規模災害です。まさに厳しい時代でした。
また、桜田のライフワークであった「国道16号バイパス」の調査費や関係予算は、ゼロになったのです。所謂、「コンクリートから人へ」というスローガンのもと行われた「事業仕分け」が原因です。

桜田が衆議院議員に返り咲いたのは、2012年。自民党も政権を奪還。最初の仕事は事業仕分けによって削られた予算をどう復活させるか。喫緊の課題となりました。バイパス関係予算の調整も然り。

今回の衆議院議員選挙は、柏市・我孫子市の皆様、地元自民党にとっての「分水嶺」となるでしょう。
民主党は立憲民主党と看板をすり替え、共産党と共闘しています。小手先でしかないこの野合。
共産党は、国民の命・財産、国土を守る「自衛隊」を真っ向から批判し、違憲であるとして認めていない。
しかし、今回の衆議院議員選挙において立憲民主党が政権をとったならば「自衛隊は違憲である」という考えを封印するといった共産党。果たして、今まで考えを変えなかった政党が明日、明後日、考え方を変えられるのでしょうか?
国家観が曖昧な政党に何ができるのでしょうか?
また、国家・国民をどこに導くつもりなのでしょうか?

敵方の文句ばかり、お話ししては品位が汚れてしまいますね…


最後にみなさんは「政権選択選挙」をどのように考えていますか?
私自身、千葉8区の皆様にお願いしたいのは「桜田よしたか」に大切な1票を投じていただきたいということです。
何卒、お願い申し上げます。

政策については、下にある画像をご覧いただくか、ホームページをご覧ください。

桜田よしたかホームページはこちらをクリック!


お問い合わせフォーム