野口よしひろ公式ホームページ

羽島市議会12月定例会 一般質問要旨③

子ども達の学習環境と進路、家庭環境について

土曜授業の実施について

質問

先日、子ども達の基礎学力向上へ向けて、市内小中学校の土曜授業実施について教育委員会のご説明を受けたところでございます。
全国的な傾向は文部科学省の調査によると土曜授業は増加傾向にあり、土曜日の課外授業は減少傾向にあります。その他にも学習活動を充実させるため学校の教室、図書室を開放し、子ども達に学習する場所を提供する「土曜学習」という取り組みも始まっております。そのような状況の中、本市において来年度より、土曜日6回分、年18時間の学習時間を増やす予定でございますが、私自身、子ども達にきめ細かな学習が行われることを望んでいるわけでありますが、土曜授業でどのような学習環境を子ども達に提供するのかご意向をお伺いします。

答弁

本市におきましては平成28年度より全ての小・中学校で土曜授業を年間18時間、回数にして6回行い、そのことにより生み出された時間を教科の学習に充てることで、国語、算数・数学、理科など児童生徒の基礎的な学力の向上を図ってまいりたいと考えております。
実施の期日や内容につきましては、すでに土曜日には様々な学校行事や地域行事、各種団体の行事等が実施されておりますし、各学校の児童生徒の実態にも違いがありますので、全国一律に行うのではなく、各学校がそれらの点を考慮し、計画を立てて実施をしてまいります。具体的な期日や内容につきましては、各学校から保護者へお知らせをする予定でございます。

答弁についての返答

ご答弁ありがとうございます。
土曜授業が取り入れられるとのことで、子ども達の学習指導が変化するわけですから、将来を担う子ども達のために非常に心強いご決断をされたと思います。私からのお願いで大変恐縮ですが、早急に学校を通じて土曜授業実施のご連絡を保護者の皆様にお知らせを頂き、是非、学校の先生方には効率の良い授業を子ども達に提供して頂きたいと思います。

Please follow and like us:

お問い合わせフォーム